いつも応援ありがとうございます。 

 

アフィリエイトに限らず、ネットビジネス全体で

最重要であるかのように語られるSEO対策(SEM)。

 

 

SEO対策をしますと事業展開して、

高額の料金を取る業者もいます。

 

本当に、コストに見合っているのでしょうか。

 

 

店舗型の事業者や、サイトとしては完成していて、

集客のみを考えたい人は除いた議論です。

 

 

あくまで、

 

これからブログを作る方

 

アフィリエイトを開始して、ブログを構築途中の方

 

ある程度構築が終わっているが、稼ぎが芳しくない方

 

を対象としています。

 

 

 

このブログ。私の別のブログなのですが。

 

 

まだ記事を書き溜めていただけの時期です。

 

WordPress使用で、

アンリミテッドアフィリエイト付属のテンプレートを適用。

ドメイン取得からちょうど一ヶ月、

記事数は約40記事弱、

バックリンクは人気ブログランキングと、

自分で作ったサテライト用の無料ブログ

(Seesaaブログ、アメーバブログ)二つのみ。

 

(ちなみに、サテライトブログまで作業に手が回らず、

Seesaaは10記事で放置、アメブロに至っては作って

無料版TCDテンプレートを当てたのみで、

一記事も書いてませんでした)

 

 

SEO対策として意識していたのは、

タイトルの付け方と、キーワード出現率の二つだけです。

 

ドメイン取得はブログ開設時で、寝かせたりしていません。

 

記事は完全に文字のみ。画像、動画は一切使っていません。

600字~1200字程度の記事を毎日1記事ずつ更新していました。

 

事前に書き溜めして、予約更新にすることで楽々更新です。

 

 

こんな条件です。

 

 

 

まだコンテンツが未完成だったので、

全くアクセスは集めていなかったのですが、

ちょうど一ヶ月前後から、Google先生からのアクセスが

少しずつ増えてきました。

 

 

気になったので、キーワードをGoogle検索してみると。

 

 

検索キーワード:収益評価

 

検索結果数:約1,150,000件

 

検索結果出力順位:7位

 

 

この収益評価というキーワード、

不動産投資の世界ではメチャクチャ大きなキーワードです。

 

検索結果数でも分かっていただけると思いますが。

 

 

この結果、どう思いますか?

 

 

私自身、SEO対策は面倒なので、全然やってません。

 

たかが7位ですが、これならSEO対策、未完成段階で

必要とは思えません。

 

 

 

私はSEO対策に時間をかけるより、

本当に役に立つコンテンツを作ることに重点を置いています。

 

 

それが最終的に、1000字~2000字程度の文章中心の記事を

書いていくスタイルとなったのですが、

これが結果として、SEO対策にも多少なっているのだと思います。

 

 

あと、更新頻度ですか。

 

たかがひと月毎日更新しただけでこの結果なんですから、

余計にSEO対策をする気がなくなりました。

 

 

 

コンテンツが完成し、更新頻度が下がってくるようなら、

賢威5.0を代表とした、SEO対策済みテンプレートを

適用するのがいいでしょう。

 

他のSEO対策については、時間があるならやらないよりは

やった方が良いのは確かです。

 

 

(ちなみに、賢威5.0を購入するなら、現時点では

マメボーwさんのところから購入するのがいいと思われます。

 

面識も関わりも全くありませんが、

追加のテンプレートが特典としてつけられていたり、

マメボーwさんのブログで賢威を実際に体験できたりと、

とても興味深いブログです)

 

 

 

ただ、まだコンテンツが完成しておらず、

仕組みもできていないのにトラフィックを流しても無意味です。

 

将来の見込み客を逃してしまうだけでしょう。

 

 

 

最低でも記事数50記事、無料レポート提供などの

フロントエンド構築・リスト収集の仕組みが出来上がるまでは、

本当に読者のためになるコンテンツの充実に尽くしてください。

 

 

急がば回れ。

一ヶ月、二ヶ月というと長い時間のように

感じられるかもしれませんが、

SEO対策は、それがもたらすベネフィットも考えた上で、

必要になってからやるで十分間に合います。

 

 

 

下手なノウハウの(セールスレターの)煽りに

載せられないようにしましょう。

 

--------------------------------------------------------

当記事はいかがだったでしょうか?

もし気に入っていただけたら、
SNSで拡散をして頂けるととても嬉しいです。
よろしくお願い致します。