いつも応援ありがとうございます。 

 

 

では、第1回目の講座を始めていきましょう。

 

今回は大事なことは最後にしか言いませんので、

肩を楽にして読んで下さい。

 

第1回は、アフィリエイトとは何か、です。

 

アフィリエイトとは、広告代理店のようなもの

 

アフィリエイトとは、

まず一言でいうと「広告業の一形態」です。

 

ネット上で販売者の代わりに商品を広告して、

購入の手助けをするサービスです。

 

分かりやすいように、具体的な商品名を出しちゃいますが、

例えば、そいっちという豆乳飲料があります。

 

こんな商品、見たことないですよね?

テレビCMもしてませんし、

スーパーなどでは売ってませんから、

見たことなくて当たり前です。

 

ですが、実はこういうマイナーな商品は星の数ほどあり、

しかも結構売れているんです。

 

なぜ売れているか。

ネットの広告、及びアフィリエイトの力です。

 

ネットの広告は、大きく分けて3種類

 

ネット広告にはいくつかの種類があります。

 

 

例えばYahoo! Japanのトップページの右上に、

いつも広告がありますよね。

 

掲載型広告と言います。

 

これは言わば、テレビや新聞の広告です。

誰がみるかは分からないけれど、とにかく多くの人が見るから、

どんなジャンルの広告でもある程度の効果がある。

 

広告費の仕組みは、1回(1PV)表示されるといくら、です。

 

この手の広告は、広告効果があってもなくてもかかりますし、

メジャーなサイトでは料金も非常に高いですから、

ブランドイメージを高めたい企業向けです。

 

前述のYahoo! Japanのトップ右上の広告は1PV1円として、

1日そのまま表示させっぱなしにしたいなら、7000万円かかります。

 

Yahoo! Japanのトップページは一日で7000万回表示されますから。

 

売れるかどうか分からないのに、

マイナー商品ではその額はちょっと出せないですよね。

 

 

次に、PPC広告(リスティング広告)というものがあります。

 

PPC広告とは、検索エンジンで検索したりすると、

検索結果の上部や右側に、

検索結果とは別枠でリンクが表示されますよね。

 

それがPPC広告です。

 

他にもYoutube出る広告や、

ブログに例えばAds by Googleと書かれている広告も、

PPC広告です。

 

PPC広告の広告費はクリック保証型(Pay per Clicks)、

1回クリックされるといくら、という形です。

 

1クリック当たりの価格は状況によって違いますが、

1クリック数円から数十円、100円を超えることもあります。

 

PPC広告は、広告会社があらゆる手を尽くして情報を集め、

見ている人に合った広告を表示させています。

その為、掲載型よりクリック率がいいので、

この広告形態が維持できています。

 

でもこれも、クリックされると広告料が発生しますが、

まだ広告した製品を買ってもらえるとは限りませんよね。

 

広告を打ってアクセスが集まっても、

自社でのセールスが弱ければ全く売れず、

なんてことも考えられます。

 

それを解消したのが、アフィリエイトです。

 

アフィリエイトの具体的な流れ

 

(成果報酬型)アフィリエイトは、

広告がクリックされただけでは料金は発生しません。

 

広告がクリックされ、訪問者がその商品を購入して初めて、

広告費が発生します。

 

つまり、広告主としては必ず利益が出るんです。

 

売れた分だけ広告費を払えばいいんですから、

アフィリエイト報酬額の設定を間違えない限り黒字ですよね。

 

報酬額は様々ですが、1%から、50%を超えることもあります。

リピーター狙いだったり、他の狙いがある場合、

100%が報酬なんてこともあります。

 

先ほどのそいっちのアフィリエイト報酬が幾らだったかは

確認できなくなってしまいましたが、

確か40%くらいだったと思います。

 

貴方がそいっちをアフィリエイトで紹介して、

あなたの紹介で商品を購入した場合、

5,500円の品が一つ売れると、そのうち40%、

金額にして2,200円が貴方の取り分、ということです。

 

これを聞くと、ねずみ講を連想することがあるかもしれません。

ねずみ講と違うことは、まず自分が商品を買わされる、

なんてことは決してないことです。

 

アフィリエイトは、指定された広告リンクから、

広告主のサイトに飛ばしているだけですから。

 

いわば、商品を持たずにネットショップを開いているようなものです。

 

 

掲載型広告は、Yahoo! Japanのようなポータルサイトや、

2ちゃんねるのような、一日に何百万アクセスがあるからこそ、

広告主が現れ、収益が上がります。

 

個人でそこまでのアクセスを集めるのは、ちょっと難しいですよね。

 

PPC広告も、掲載型ほどではないにしろ、

アクセスが相当多くないと、稼ぐのは難しいです。

 

アクセスを集め続けるには、作業をし続ける必要がありますから、

時間的制約も強い。

 

ですが、アフィリエイトならそこまでのアクセスは必要ありません。

報酬単価が高く、一つ買って貰えれば結構な額の収入になりますから。

 

ものによっては、一つ数万円、なんてものだってあります。

 

アフィリエイトは、小回りが効く個人が、

図体のでかい企業に勝てるシステムなんです。

 

そんなの、どうせ特別な人しか無理なんじゃないの、

と思うかもしれませんが、慌てないでください。

今後の講座内で、

一つ一つ貴方の疑問を解決していきますから。

 

アフィリエイトを始めるなら、早い方が有利

 

アフィリエイト市場は拡大傾向にあります。

2012年度のアフィリエイト市場規模は1052億円、

アフィリエイターは延べ387万人です。

 

ただ、人数に関しては多くの人が複数のASP(次回解説)に

登録していますし、稼ぎ方を知らずに広告を載せているだけ、

という人も多いですから、実働人数はもっと少ないでしょう。

 

しかし今後は確実に、もっともっと増えていきます。

 

アフィリエイトに限らず、ビジネスは先行者有利です。

数万円稼ぎたいという程度の仕組み作りは、

今ならまだ簡単ですが、2年後は分かりません。

 

参入するなら、早く参加しましょう。

そのための情報は、提供していきます。

 

アフィリエイトで成功することは、

真の自由を手に入れることと同義です。

 

そこまではまだ遠いかもしれませんが、

小遣い稼ぎ程度なら、1、2ヶ月でも達成可能です。

 

最初は軽い気持ちでいいので、

ゆっくりついてきてくださいね。

 

第0回 はじめに。アフィリエイトデビュー講座を作った理由。≪ デビュー講座目次 ≫第2回 アフィリエイトの仕組み

--------------------------------------------------------

当記事はいかがだったでしょうか?

もし気に入っていただけたら、
SNSで拡散をして頂けるととても嬉しいです。
よろしくお願い致します。