いつも応援ありがとうございます。 

 

 

アフィリエイトデビュー講座、いかがでしたか?

 

デビュー講座は、用語解説的な面と操作解説的な面が中心だったので、

たいして苦労しなかったことと思います。

 

アフィリエイトの仕組みなんてすぐ理解できたでしょうし、

パソコンの操作部分は慣れれば誰でもできます。

デビュー講座内容自体は、全部理解できていなくても

機械的にやってもらえれば問題のない部分です。

 

むしろ、こんなことに時間や手間をかけず、

サクッと実践してしまいましょう。

 

本番はここから

 

むしろ大事なのはここからです。

数多くの訳わからない用語や、初めて出会う概念に、

戸惑うことが多いと思います。

 

ただ、これから先の講座内容は、

かなり確信的な部分に入ってきます。

 

デビュー講座は全7回で終わりましたが、

プロデビュー講座はどれくらい必要になるか、わかりません。

 

プロデビュー講座の後は、

ステップアップ講座というものも予定しています。

 

例によって、無料レポートなんてけち臭いことは言いません。

 

この講座を全て卒業する頃には、

デビュー講座を書き始める前に更新してきた記事の内容は、

全て理解できるようになっているでしょう。

 

今後の勉強法について

 

今後の勉強方法について、守っていただきたいことがあります。

 

1.一回読むで終わらないこと

 

知識というのは、一度読んだだけでは身に付きません。

最低3回は、日をまたいで読んでください。

1度はできれば音読をして下さい。

 

 

2.現在のブログの更新は続けること

 

デビュー講座で作ったブログは、実は今後、積極的には使いません。

新たなブログを作ってもらうことになります。

 

しかしそこまで辿り着くのは時間かかりますし、

勉強している間は講座を読むだけ、なんて時間がもったいなさ過ぎです。

 

必ず記事の更新を、できれば毎日、

毎日は難しくても週に3~4は更新して下さい。

 

私は2ヶ月以上、二つのブログを1日も欠かすことなく更新しています。

1日2記事以上更新することもありますし、他にもいくつも書いてます。

習慣化してしまえば、それほど難しいことではありません。

時間がある時に書き溜めるでもいいですから。

 

 

3.学んだことをアウトプットすること

 

インプットしたことは、アウトプットしなければ身に付きません。

私にメールで送ってくれてもいいですし、

アフィリエイト勉強日誌ブログを作ってもいいです。

 

こっそりノートに書いてもいいですが、

人目に晒した方が効果が上がります。

 

最終的には、あなたが人に教えられるようにまでなって欲しいんです。

私にメールでアウトプットしつつ、疑問点やおかしいと思う部分を

指摘してくれれば、この講座はさらに有用なものになっていくでしょう。

 

 

4.今日やれることは今日やること

 

今日やれることを明日に回すのは、失敗の始まりです。

妥協をしてしまうということは、

まだやりたいと思う気持ちが足りてません。

 

別に、今までの日常を捨ててまでやれ、というのではなく。

空いた時間があってやろうかなとちらっと思ったのに、

Youtubeを視聴し始めてしまったり、2ちゃんねるまとめサイトを

読み始めてしまったり。

 

やめてください。

やろうかな、と思ったらやりましょう。

 

息抜きを否定しているのではないです。

やろうと思った心に妥協をしないように、ということです。

 

とある通信講座で和佐大輔氏が言っていたことですが、妥協は麻薬です。

一度妥協すると、妥協がやめられないスパイラルに陥ります。

抜け出すのは非常に難しい。

ですから、最初から近寄らない。妥協は絶対に禁物です。

 

そろそろ、説教にはウンザリだと思うので・・・

 

取り敢えず、こんなところです。

 

本当はマインドセットについて、もっと述べたいんですが、

あんまりこの精神論ばかりを序盤に追求しちゃうと、

嫌になって余計にやめてしまうと思うんで、

ひとまず切り上げます。

 

プロデビュー講座、また第0回から始まりますし、

そこはまたマインド論になってますからね。

(実は、このプレ講座は第1回を作ってる最中に、

もう一つ前提が必要だと思って書き始めました)

 

マインド論はともかく、

この勉強法はきっちりと守ってみてください。

びっくりするほど知識が速く、正確に身につきますから。

 

では、プロデビュー講座、楽しんで読んでくださいね!

 

--------------------------------------------------------

当記事はいかがだったでしょうか?

もし気に入っていただけたら、
SNSで拡散をして頂けるととても嬉しいです。
よろしくお願い致します。