いつも応援ありがとうございます。 

 

アフィリエイト初心者の継続率を高める三原則

 

 

1.なぜ稼ぎたいか、動機をはっきりする。(マインドセット)

2.稼ぐためにやる以上、稼げる分野から参入する。(ジャンル決定)

3.本当に人の役に立つコンテンツを作る。(ビジネスモデル決定)

 

 

今回は二番目のジャンル決定の話です。

 

 

ここでも、以前アフィリエイト初心者であった私は

失敗していました。

 

アフィリエイトのジャンル選択にプライドがあったのです。

 

 

怪しいもの、低俗なものは扱いたくない。

 

これが大きな勘違いでした。

 

 

 

世の中の多くのものは不当なレッテル張りがなされています。

それも人によってはっきりとした枠組みが決められていません。

 

 

そのレッテル、本当に真実でしょうか。

 

 

職業に貴賤なしと初めに言った方は偉大です。

 

もちろん暴力団など人に迷惑がかかったり犯罪となることは

いけませんが、それ意外なら自由にしていいというのは、

本当に尊いことと思います。

 

 

レッテルを貼るということは、

自らこの自由を縛ってしまっていたのです。

 

 

 

怪しい、低俗だなんて、とんだレッテル貼りを

してしまっていました。

 

 

 

例えばアダルトのジャンル、アダルトサイトを利用したことの

ある方が多いと思います。

 

 

それをアフィリエイトのテーマとしては低俗だと外してしまうのは、

間違った認識でした。

 

 

需要があり、欲しいと思っている方が大勢いるのにそれを

供給することは悪いことなのでしょうか?

 

 

もちろん違法なものはだめですよ。

 

 

そうでなければ、利用者に満足していただけるというのは、

むしろ好ましいことなのではないかと私は思い直しました。

 

 

 

アフィリエイトは情報を提供するサービス業です。

 

どんなものであれ、情報を必要としている方がいれば、

情報を供給して喜んでもらえる。とてもやりがいがあります。

 

 

 

アフィリエイトのジャンルに貴賤はありません。

 

むしろ需要がない(稼げない)ジャンルの情報を供給することに、

大した価値はありません。

 

 

稼げるジャンルということは、それだけ価値ある情報を

顧客に提供することができる。

 

アフィリエイトする価値がある、ということです。

 

 

 

自分の守備範囲に稼げるジャンルが無ければ、本を読みましょう。

 

アフィリエイト初心者を脱出するためには勉強も必要です。

 

 

私としては、誰でも何かしら稼げるジャンルで

得意分野はあるものとは思っていますが。
得意でなくても、以前経験がある分野でもいいです。

失敗談は得てして面白い記事に繋がります。

 

 

稼げるジャンルで参入し実績をあげれば、

更にモチベーションは上昇します。

 

 

経験も積まれ、自信がついたら好きな分野で

事業拡大するのもいいでしょう。

 

 

 

あれは嫌だと知ろうともせずに否定をするなんて、

アフィリエイト初心者の典型な失敗です。

 

 

まずは需要の多い、稼げるジャンルに参入することで

自身のレベルアップを図ることです。

 

--------------------------------------------------------

当記事はいかがだったでしょうか?

もし気に入っていただけたら、
SNSで拡散をして頂けるととても嬉しいです。
よろしくお願い致します。