いつも応援ありがとうございます。 

20130116-113027.jpg

小医は病を癒し、中医は人を癒し、大医は国を癒す。

中国の古い諺です。
昔の中国人は、こんな良い言葉を言っていたんですね。

この言葉、医学生時代に講義で聞いたのを記憶しています。
いつ頃だったかは忘れましたが……

とても深い諺だと思います。

僕も医師をやっていますが、せいぜい小医と中医の中間くらいでしょう。

国に影響を及ぼすに必要不可欠なもの

大医となることを僕は望んでますが、残念なことに日本では、
医師である限り大医になることはできません。

医師に、国に対する影響力なんてありませんからね。

国に影響を及ぼすために必要不可欠なのは、お金です。

ホリエモンこと堀江貴文氏が逮捕されたのも、
巨額の資産を持っていたことが一因でしょう。
もし彼にお金が無かったら、あそこまでの注目は浴びませんでした。

医師なんて、せいぜい小金持ちですから。
国は口答えされない程度に生活できる程度のお金を渡され、
多くの医師は満足こそしていないものの、
現場を崩したくないがために黙って働いています。

非常にもどかしいことに、この医師という集団の中にいては
決して大医となることはできないんです。

別に医師である生活に大きな不満があるのではありません。
お金は十分頂いてますし、休みは少ないけど実家は開業医ですから
それもそのうち解決する問題でしょう。

それでも、僕はこの小さな枠にいるのが我慢できない。

医師であるため、大医となるために医師という職業と決別し、
国に巣食う悪い病を癒したい。

そういう気持ちが、自分の心の奥底に眠っているのを感じます。

ま、ネットで吠えているだけでは、所詮は野良犬の遠吠え。
今の自分には大義を掲げるのが分不相応なのは十分承知しています。

だから、今は地力を付けるため、ビジネスをしている次第です。

ネットビジネスの潜在能力は世をひっくり返す

ネットビジネスは、本当に可能性が無限にあると思います。

今までは、起業しようなんて人生を賭けないとできなかったんです。
失敗すれば自己破産、そこから再度のし上がるなんて、
普通じゃできません。

それが、今や副業気分でスタートし、気が付いたら月収1000万円。
失敗してもサラリーマンさえ辞めてなければ、
元の生活に戻るだけです。

しかも、何度でも挑戦できる。

これは本当にとんでもないことで、生い立ちの不遇さだとか、
学歴だとか、そういった要素が全く意味をなさない時代が来た、
ということ。

その辺のひきこもりニートだったが、一部上場企業の社長より稼ぐ、
なんてことが現実に起こっているんですね。

日本の公務員として偉くなるには
東大出身のキャリア組じゃないといけないかもしれませんが、
ネットビジネスはそんなくだらない枠を超えています。

誰にでも平等にチャンスがあるのが、ネットビジネスです。

数年後、もしかしたら組織的なネットビジネスで巨額の金を稼ぐ集団が、
日本という国に影響を与えることになるかもしれません。

というか、ネットビジネスの拡大傾向や動いている金額を考えれば、
まず間違いなくそうなるでしょう。
政治というのは、お金という力が強い方向へ動く性質がありますから。

土建屋しかり、製薬業しかり。ネットビジネスがその一員になるのも、
遠い未来ではないでしょう。

一般視点からは見えない立ち位置に立つことになるでしょうけどね。

大医となって日本の病を癒したい!

そういった想いが、僕を動かしています。

一度きりの人生、叶えたい想いはありませんか?

別に、皆が皆、大志を抱く必要は、全くないと思います。

だって人それぞれ考えは違いますし、
一度きりの人生ですから、自分の思うような人生を歩めばいい。

でも、あまりにも自分を捨てて生きている人が多過ぎです。

もうちょっと頑張れば、お金が手に入るのに。
もうちょっと意識を変えれば、人生を変えられるのに。

自分の命は一つしかないんです。
たかがお金に振り回される人生でいいと思う人が
どれだけいるんでしょうか。

お金で買えない価値もある。

もちろんです。世の中お金が全てじゃない。

でも、お金でしか買えない価値もあるんです。
世の中、愛が全てではない。

そこから目を逸らしていては、今後の人生、不安が残ります。

何しろ、これから日本は世界に先駆けてデフレからの脱却という
一大イベントを乗り越えなければいけないんですから。

たった一度の人生、自分のために使いましょう。
そのために今やるべきことは何か、よく考えてみてください。

日本が日本人の住みやすい国になりますように

最近の中国との外交摩擦や、テレビや新聞で報道されない
政治的な事件をネットニュースで読み、
より思うところが強まって、こんなことを書いてみました。

たまには、こういうのもいいでしょう。

ではまた!

--------------------------------------------------------

当記事はいかがだったでしょうか?

もし気に入っていただけたら、
SNSで拡散をして頂けるととても嬉しいです。
よろしくお願い致します。