いつも応援ありがとうございます。 

 
20130119-101346.jpg
 

今日は阪神・淡路大震災の日ですね。
あの日は今でも覚えています。
当時中学生でしたが、朝起きたらテレビで大騒ぎしていたことを。

 

地震が変えたもの。

僕は静岡出身で、40年以上前から東海地震が来る来ると
言われ続けて育ってきました。

それもあって、阪神大震災の惨状を目の当たりにし、
将来自分が静岡で同じ目に遭うのだろうな、と思っていました。

 

それから16年、東日本大震災。

僕は福島県郡山市にいました。

まさか、静岡から程遠い福島の地で被災するとは(笑)
人生、本当に何が起こるか分かりません。

原発も近かったので、一時期精神的に動揺しましたが、
結果的には今のところ身体には何の変調もありません。

変化があったとすれば、自分の人生に対する意識でしょうか。

 

僕はのちの人生で、もう一発大地震を被災すると思っています。
そこで運悪く生涯の幕を閉じる可能性もあるんですが、
確率論的には生き残る可能性が高いんですよね、圧倒的に。

ただ、五体満足でいられるかどうかは、また別の話。
例え両脚を失っても、生きていかないといけない訳で。

 

しかも、家族もいます。

地震が起きて、身体に大きなダメージを負っても
今の生活レベルを落とさないようにしなければいけません。

でなければ、次世代を担う子供たちの教育にも影響が出て、
親として申し訳ないですから。

 

今、安泰だからといって、それはいつまで続くものか?

医師というもの、給料は良い方とは思いますが、
いざ何かが起こった時の保険は弱いですからね。

特に僕のような医局の人間は、
普通のサラリーマンと違って同じところに勤め続けないから
年金だとかは、非常に薄いです。

流石に障害を負ってしまえば仕事は続けられないし、
かといって医療保険や生命保険を厚くするのもリスクは大きい。

医師というのは身体が資本の肉体労働者ですから、
突然の変化に弱いんです。
ちょっと貯蓄が多かったところで、焼け石に水とはこのこと。

 

じゃあどうするかと言えば、
身体を悪くしても続けられる収入源を作るしかない。

それが不動産ビジネスでした。
僕にとって不動産ビジネスは、守りのビジネスです。

ただ、思ったほどやることが少なかったのと、
守りといえ大きな融資を受けていることの
プレッシャーを感じてもいました。

流石に2億円を超える借金となると、ちょっと揺らぎます。

 

守る人生から攻める人生への転換こそ、本当の【保険】

東日本大震災から時間が経ち、落ち着いた頃。
攻めのためにネットビジネスを開始しました。

ネットビジネスは、完全に攻撃型のビジネスです。
ガツガツと攻めなければ、いつまで経っても稼げない。

医療も不動産も、完全に守備型のビジネスですから、
ネットビジネスを本気でやることはとても新鮮でした。
今、楽しくて仕方ないです。

人生観が変わりますし、人生自体を変えることもできます。
僕にとっては変革の時でした。

 

以来、相当量の勉強と、その実践をしてきました。
どちらもまだまだ不十分だと思いますし、道のりは長そうですが、
コンサル生からも成果が上がっており、
正しい方向に向かってはいるようです。

コンサルトといっても、大事なことはブログやメールで
ほとんど公開しているので、主な仕事は尻叩きだけですが(笑)

 

日本が地震から解放される日は絶対に来ませんし、
それ以外でも今後、厳しい時代がやって来るのは火を見るより明らかです。

国すら傾くこの時代、保険なんて信用できません。

保険というなら、冬がくる前に準備しておくこと、
ちゃんと自分で稼ぐ力を勉強しておくことこそが、本当の保険です。

 

チャンスは目の前に転がっている。

思ったより多くの人が副業に感心を持ち、悩んでいます。
話を実際にすると、多くの人が興味を持ってくれます。
市場参加者がどんどん増えているのを実感しますね。

こういったものは当然先行者有利な側面がありますから、
後発が稼げないということは全くありませんが、
行動は早く始めた方がいいのは確かです。

気合の入れ過ぎはかえって続けられなかったりするので、
楽しみながらやっていくのがいいかな、と思いますけどね。

 

宝くじやら競馬、競輪で勝つよりよっぽど勝つ確率は高く、
期待値も大きい。しかもリスクがほとんどない。

こんな奇跡的なビジネスとどう付き合っていくか。

阪神・淡路大震災の時を思い出し、
今一度、よく考えてみてください。

 

--------------------------------------------------------

当記事はいかがだったでしょうか?

もし気に入っていただけたら、
SNSで拡散をして頂けるととても嬉しいです。
よろしくお願い致します。