いつも応援ありがとうございます。 

 

貴方は世界を小さくしすぎてはいませんか?

 

 

 

何を言いたいのかというと。

 

 

 

アフィリエイトをするにあたって、

 

 

情報商材のノウハウからしか情報を手に入れていない

 

スーパーアフィリエイターの言うことに全てを頼っている

 

 

こんな状況になっていないか、ということです。

 

 

 

基本的なスタンスは、決定しておくべきです。

 

 

私であれば、全ては読者のために。

情報は出し惜しみせず、噛み砕いてから提供していく。

こつこつとブログから一歩一歩。

 

 

非常に地味なやり方です。

 

私のような効率の悪いやり方は、

成果が出るまで時間がかかりますし、

かなり根性が要ります。

 

ただそれは、ブログは資産になり、

将来的に必ず必要になると確信しているからです。

 

 

メルマガで効率的に読者を集めるには、

かなりの集客のセンスが必要ですからね。

 

私には集客のセンスが無いと自覚しているため、

時間的効率は悪いですが、

いつもブログという資産作りをしていきます。

 

 

 

基本的なスタンス、軸は各々決めていただくとして。

 

 

他の細かいこと。

 

例えばブログなら、

アクセスアップについてだとか、記事の書き方だとか。

 

情報商材に書いてあるようなことしかしないとすると、

かなり先行きが不安になります。

 

 

優良な情報商材は、実に素晴らしいものです。

 

成功者による、成功の法則が、

わずか数万円で手に入るのですから。

 

 

ただ、情報商材は多くのものが、あくまで経験則を

伝えてくれているに過ぎません。

 

「私がやってきた時代はこうやったら成功しました」

 

と。

 

 

そして、その情報は、前述のようにわずか数万円で

手に入るんです。そして、皆でこぞって真似します。

 

 

 

情報商材にある情報を真似しただけでは、

ほとんどの場合すぐオーバーフローするんです。

 

これまでも繰り返し、アンリミテッドアフィリエイト

コピーのオーバーフローについて、記事にしています。

 

多くの人が落ちた、アンリミテッドアフィリエイトの落とし穴

 

 

その例に当てはまらないのは、

ネットビジネス大百科のような根源的なことを

解説している教材や、最近流行の塾、もしくは

新世界アフィリエイトのような、参加型の教材だけです。

 

 

 

どんな情報商材であれ、エッセンスを加えて

オリジナリティをより際立たせなければ、

なかなかうまくいきません。

 

 

 

ではどうするか。

 

 

 

やはり古典に学びましょう。

 

 

情報商材に限らず、インターネット上には情報が溢れています。

 

その中には、もし情報販売のジャンルに進出していたら

きっと驚異的な収益を上げていたであろうブロガーが

大勢います。

 

 

彼らにとっては、そんなことをしなくても十分に

収益を上げられているんでしょうし、

情報商材にたいして興味がないんでしょう。

 

いえ、もしかしたら名を変えて猛威を奮っているのかも

知れませんが。

 

 

 

記事の書き方なんかも、参考になるサイトは山ほどあります。

 

インターネットだけではありません。

書籍(うけるブログ系の本じゃないですよ)だって、

色々役に立つものがあります。

 

 

 

偏った情報に頼りすぎないでください。

 

そもそも、貴方の軸となっている情報商材や人物を、

よ~く観察してみて下さい。

 

色々、物知りじゃないですか? ブログやメルマガに、

その人が販売した情報商材に書いていないこと、

色々書いてませんか?

 

 

 

もっと視野を広めましょう。

 

軸がぶれるのはいけません。

信じる道を突き進むのは大切です。

 

 

しかし、自分というオリジナルを創るのは自分です。

 

 

ただ、オススメされた情報商材を買って

その通りにやります、では全然ダメです。

 

断言します。絶対に目標には届きません。

 

 

 

もっと勉強しましょう。作業と両立するのは

キツイと思いますが、時間は作るものです。

 

 

ひとつ、素敵なブログをみつけたので、参考にしてください。

 

ホームページを作る人のネタ帳

 

 

今後も参考になりそうな情報を見つけ次第、

許されていればリンクを貼っていきますので、

貴方も私を十分に利用して下さい。

--------------------------------------------------------

当記事はいかがだったでしょうか?

もし気に入っていただけたら、
SNSで拡散をして頂けるととても嬉しいです。
よろしくお願い致します。