いつも応援ありがとうございます。 

 

収入がもっとあればやりたいことがやれるのに・・・

 

お金のことで悩んでいませんか?

 

 

数年前、FXが爆発的に流行りました。

少し熱は冷めてきたものの、まだまだ人気があります。

 

 

何故FXが流行ったか。

 

単純な上下で選択するというわかりやすさ

24時間対応

大きなレバレッジをかけられる

 

少ない資金でも大きな利益を上げることができるという部分に

集約されるでしょう。

 

 

そのFXも徐々に規制が強くなり、国内業者ではレバレッジに

25倍までの制限がかけられました。

 

資金が少ない方にとっては大きな痛手です。

 

 

世の中は自己資金の豊富な人が有利になる仕組みです。

のし上がることも可能でしょうが、強い運が伴わなければ

痛みを負うだけで終わってしまいます。

 

資金がなければ店を構えることもできません。

融資を受けて始める選択もありますが、大きなリスクを背負うのは

嫌だという方もいるでしょう。

 

 

 

このような方は、夢を諦めなければならないのでしょうか。

 

 

 

解決法はあります。驚くべき低リスクで、大きな利益を上げる方法が。

 

それが、インターネットビジネスです。

 

 

インターネットビジネスの利点を挙げましょう。

 

 

店舗が不要である。

自宅にパソコン一台とインターネットの使える環境があれば十分です。

人件費もかからず、必要なのは自分の労働力のみです。

もちろん、資金があれば外注したり人を雇っても構いません。

 

 

在庫を抱えなくて良い

例え輸入ビジネスをするにしても、注文が入ってから仕入れをすることで

不良在庫による損失リスクはありません。納入まで時間がかかる旨を

明記するだけでいいです。

 

 

必要な資金は非常に少ない

上二つと繋がるところですが、事業の運転資金もあまりかかりません。

サーバー代、メルマガサービスなど必要最低限で選べば、月数千円で

十分です。勧めはしませんが完全無料でも可能です。

 

 

顧客対象が全世界である

店を構えてしまうと近所の人しか相手にできませんが、

ネットビジネスはインターネットで繋がりを持てる人であれば

誰でも顧客となり得ます。

 

 

24時間営業である

仕組みを作ってしまえばインターネットは休まずに

お店を開いておいてくれます。

必ずしも毎日お店に顔を出す必要もありません。

 

 

事業であるため、経費が認められ、税制上の優遇措置がある

事業所代わりの自宅の家賃の一部や通信料、交通費その他事業に

関わることであれば全て経費として計上ができます。

また、青色申告者控除や配偶者の専従者給与などで

節税を図ることも可能です。

 

 

 

欠点は、正直あまりありません。

強いて言えば、孤独であることでしょうか。

 

上手くいかなくても簡単に方針を変えることもできますし、

辞める時も失うものはわずかな資金と自分の労力・時間だけです。

 

 

努力せず楽に儲けられるとは思わないでください。

ほったらかしで月100万円、いや1000万円を稼ぐ人たちすらいますし、

実現可能ですが、そこに至るまでそれなりの努力を皆しています。

 

しかし、ハードルは思わぬほど低いです。

行動力だけを担保にすれば、誰でも実現可能でしょう。

現実世界よりよほどライバルは少なく、商売敵もまだまだ未熟です。

 

 

善は急げという諺通り、行動するなら早い方が良いでしょう。

待っても歳を取るだけで状況は良くなりませんし、徐々に市場参入者は

増えています。

法規制が実に少ないこの夢のような状況も、例えば政権交代までに

参入した人だけとなるかもしれません。

 

 

私は、ネットビジネスのみで身を立てていこうとは思っていません。

継続はするつもりですが、その先にある最終地点も見据えて

今やるべきことをやっています。

 

 

それは、資産形成です。

 

 

サラリーにも依存せず、ネットビジネスにも依存せず。

資産家となる。

また、その資産で皆を幸せに導きたい。

 

 

 

貴方が見ている将来は、私とは違う道かもしれません。

ですが、道すがら同行することはできます。

 

 

 

貴方が私と共に成功の道を歩み、幸せを掴んで語らえる日が来ることを
心から願っています。

 

--------------------------------------------------------

当記事はいかがだったでしょうか?

もし気に入っていただけたら、
SNSで拡散をして頂けるととても嬉しいです。
よろしくお願い致します。