いつも応援ありがとうございます。 

 

ブログ・メルマガアフィリエイトは、

その名の通りブログとメルマガ両方の媒体を用いて

アフィリエイトを行っていきます。

 

 

今回は、メルマガに視点を当ててみようと思います。

 

 

 

ブログとの違い

 

 

1.文章でしかアピールできない

2.読者のメールボックスに直接配信できる

3.読者リストを取ることができる(一部のサービスでは不可)

 

 

この3点です。

 

 

1はデメリットです(個人的には画像とか入れるの面倒なので、

むしろメリットですが・・・笑)が、2、3はメリットとなります。

 

そして、この2、3は、ブログには無い、

恐るべき攻撃力を発揮することになります。

 

 

Direct Response Marketing

(ダイレクトレスポンスマーケティング、DRM)

という手法で、セールスを行っていくことになります。

 

 

手順としては、

 

 

a.見込み客を濃厚にする

b.教育を施す

c.セールスを行う

 

 

という流れで行います。

 

 

簡単に言えば、

 

商品への興味が強い見込み客のみを集め、

有益な情報を提供することにより

見込み客に対する品の必要性を高め、販売する

 

ってことです。

 

 

 

この手法を用いるのには、メールマガジンが最適です。

 

 

何故か?

 

 

例えを交えて説明します。

 

 

アパートやマンションに住んでいた方でしたら、

ダイレクトメールが郵便箱に大量に詰め込まれて、

嫌な思いしたことありませんか?

 

あれは、メールで表現すればスパムメールです。

未承認広告、という言葉が一時期流行しましたね。

 

 

その他に、例えばヨドバシカメラやビックカメラといった

家電量販店、あるいはデパートなどから、

広告冊子が送られてきたことはありますか?

 

メンバーズカードなどを作る際の規約をよく読むと、

登録先の住所に役に立つ情報誌を送りますと

書いてあるはずです。

 

カードを作った時点でそれを承認したことになるため、

企業としては許しを得たから、

もしくは客側から頼まれたから送っています、

というスタンスです。

 

 

これは、メールで表現すればメールマガジンです。

 

 

つまり、メールマガジンによるセールスは、

承認されたセールス、ということになります。

 

特定商取引法上の表記さえ守っていれば、

完全に合法というわけです。

 

 

そして、メールマガジンというのは、

カードを作る際についでに送られてくる広告冊子と違い、

メルマガそのものを目的として登録していただくもの。

 

 

つまり、メールマガジンに登録してくれた時点で、

その見込み客は例えば検索エンジンから

たまたまブログを見てくれただけの読者よりも、

自分に強い興味を持ってくれているのです。

 

 

見込み客が濃厚になってますね。

今後のメルマガで、

より選別をしていくことになります。

 

 

 

次に、教育をする、です。

 

私としては教育という言葉は

あまり好きではないのですが、

どうもこの業界の用語として

そうなっているようですので、使っていきます。

 

 

比較的強い興味を持ってくれている

メルマガ読者ですが、いきなり物を売りつけても、

買ってくれるのは一部です。

 

実際にはまだメルマガ発行者を信用していません。

 

 

そこで自分を信用してもらえるように、

メルマガ読者に対して、

 

貴方はどんな状況で、

放置するとこんな危険なことが起きます。

それを解決するには、

こういう解決法を取らなければなりません。

 

といった情報をどんどん与えて、

読者との信頼関係を築いていきます。

 

 

もちろん信頼関係を築くだけでなく、

自分が売りたい商品についての情報を

事前に与えていきます。

 

具体的な商品の売り込みは、

この教育が終わってから、という流れになります。

 

 

これが教育、です。

 

 

 

興味があって、信頼してくれていて、

教育が終わっている読者。

 

ここまでくれば、後は商品について説明するだけです。

 

 

どんな説明をするかについては、

 相手の欲求がどの程度にあるか、

 教育具合がどれほどであるか

 

 

によりますが、

その辺の道端に歩いている人に

いきなり商品とその説明を見せて、

 

 

「これ、買ってください。2万円です」

「あと5日で値上げですよ」

 

 

なんて声をかけるより、

数十倍、数百倍買ってくれる可能性が高いのは

自明と思います。

 

 

 

この段階を経て商品をセールスする。

これがDRM、です。

 

 

 

ブログは所詮、

道端に歩いている人を店に引き入れているだけ。

 

 

もちろん、興味を引いて教育して売る、

という流れは同じですが、

メールのように数週間の時間を使いながら教育したり、

焦らしたりということはしにくいです。

あくまで読者の自発性に依存します。

 

完成していれば何もやらなくて良い、

という利点もありますが、

爆発力という点では、メルマガには遠く及びません。

 

 

メルマガの爆発力があれば、

あとはリスト数次第で数百、数千の商品を

一通のメールで売り上げることも十分可能です。

 

ブログもサイトも持たずに年数億円の収入を

得る人がいるのは、このメルマガの威力あってこそ。

 

 

 

ブログとメルマガ、同時進行はとても大変ですが、

どちらも大きな作業的にはいつしか終わりが来ます。

 

 

自動化の仕組みさえ作ってしまえば、

その大変さからは開放されるので、

最初のうち、今のうちだけは頑張ってやっていきましょう。

 

--------------------------------------------------------

当記事はいかがだったでしょうか?

もし気に入っていただけたら、
SNSで拡散をして頂けるととても嬉しいです。
よろしくお願い致します。