いつも応援ありがとうございます。 

 

 

Pingという単語、見たことありますか?

 

ピン、またはピングって日本では読まれてます。

無料ブログでも、設定なんかをよ~く見ているマメな人は、

見たことあるかもしれません。

 

Pingによって記事の閲覧者数が大幅に変わる

 

Pingというのは、本来はインターネットの通信を確認するための

ソフトウェアのことなんですが、ブログにおいては意味が変わります。

 

ブログにおいて「Pingを打つ」とは、更新通知をすることです。

Pingを打つことで、「ウチのブログ、新しい記事載せましたよ」と、

連絡をすることができるんですね。

 

連絡先は、ブログまとめポータルサイトなどです。

Googleだって、Yahoo! JapanだってPingを受け付けてますし、

ブログ専門ポータルサイトも受け付けてくれます。

 

Pingを打つことでどんな良いことが?

 

Pingを受信すると、受け付けた先のサイトでは

「新着記事」に掲載されます。

 

ただ、最新情報は次々と更新されてしまうので、

残念ながらそこからアクセスしてくれる人はほとんどいません。

 

しかし、一つ大きなメリットがあります。

新着記事一覧に、ひと時でも載ることで、

Googleのクローラーがそのリンクを辿って、

自分のブログに到達してくれる機会が増えるんです。

 

クローラーとは、検索エンジンロボットのことで、

インターネット上の情報収集を行っています。

 

クローラーに新着記事を認識してもらうことで、

素早く新しい記事を検索エンジン上に保存(インデックス)されます。

 

検索エンジンにインデックスされることは、

検索エンジンからのアクセスの上昇に結びつきますからね。

とても大事なことです。

 

Pingの設定場所

 

Seesaaブログでは、設定→記事設定の一番下にあります。

※クリックすると拡大します。

 

この枠の中に書いてあるのが、Ping送信先です。

その他の無料ブログだろうが、WordPressだろうが、

MovebleTypeだろうが、必ずありますので、

探してみてください。

 

Pingの送信先

 

Pingの送信先については、非常に悩ましい部分があります。

というのも、フリーのPing送信先は閉鎖してしまうことがあるからです。

 

一度設定したからと、放置しっぱなしにしてしまうと、

いつのまにか全て閉鎖されていた、なんてこともありえます。

大手を入れておけば、全部なくなるなんてないとは思いますが・・・

 

現時点で使用できるPing先は以下の通り。

http://blogsearch.google.co.jp/ping/RPC2

http://blogsearch.google.com/ping/RPC2

http://api.my.yahoo.co.jp/RPC2

http://blog.goo.ne.jp/XMLRPC

http://ping.blo.gs/

http://ping.blogranking.net/

http://ping.dendou.jp/

http://ping.fc2.com/

http://ping.freeblogranking.com/xmlrpc/

http://ping.myblog.jp/

http://pingoo.jp/ping/

http://rpc.weblogs.com/RPC2

http://serenebach.net/rep.cgi

http://taichistereo.net/xmlrpc/

http://www.i-learn.jp/ping/

 

これに、例えばブログランキングに登録したら、

ブログランキングの自分専用Ping先を追加したりしましょう。

 

その他に、Ping送信サービスもあります。

Pingoo!というサイトが代表ですね。

とても便利なサイトですが、紹介はまた他の場で。

 

今はまず、Pingという存在があるということ、

送信設定を忘れないことを覚えておいてください。

 

Ping送信についての注意点

 

予約投稿だと、Pingが送信されないことがあります。

 

少なくとも、Seesaaブログでは予約投稿ではPingが送信されません。

予約投稿でPingを飛ばしたい場合、

公開時間を過ぎた後に、ブログを保存しなおす必要があります

 

失敗しがちな部分ですので、気をつけてくださいね。

 

--------------------------------------------------------

当記事はいかがだったでしょうか?

もし気に入っていただけたら、
SNSで拡散をして頂けるととても嬉しいです。
よろしくお願い致します。