いつも応援ありがとうございます。 

 

 

ブログを書いていて気になるのが、アクセス解析。

 

長期間のアクセス推移を解析、検討することで、

ブログが正しい方向に進んでいるのか、

それとも間違っているのかを判断する基準となります。

 

 

最近は超高機能のアクセス解析が無料で使えます。

 

 

代表的なものは

 

忍者ツールズ

 

Access Analyzer

 

Google Analytics

 

 

の三つです。

 

ちなみに私はAccess AnalyzerとGoogle Analyticsを

用途に合わせて併用しています。

 

 

お勧めはGoogle Analyticsです。

 

検索エンジンGoogleとの多彩な連動ができるので、

ブログの何が悪いのか、どこを改善すれば良いのかを

より詳細に考察することができます。

 

ただし、欠点として2012年のリニューアルから、

使い方が難しくなってしまいました。

 

 

ということで、ここではGoogle Analyticsを紹介していきます。

 

Google Analyticsをブログに登録する

 

Google Analyticsにアクセスしてください。

ここの右上、「アカウントを作成」から登録できます。

登録にはメールアドレスが必要です。

Gmailを用意するといいでしょう。

 

 

登録しても、スパムメールが送られてくることは

ありません。Google系のサービスに登録すると、

Youtubeの広告が送られてくる程度でしょうか。

 

 

以下、登録法に関しては以下のサイトが見やすく、

分かりやすいので、参考にしてください。

 

パシのWP SEOブログ/Googleアナリティクスの登録

 

 

トラッキングコードをテンプレートの</head>の直前に

コピー&ペーストすれば、設定完了です。

 

 

非常に多くの項目のチェックができますが、とりあえず最初は

ユーザーサマリーの訪問数、ユーザー数、ページビュー数、

訪問滞在時間、直帰率、新規訪問の割合

程度が理解できればいいんじゃないでしょうか。

 

GoogleウェブマスターツールでSEOを加速する

 

Google Analyticsの良いところは、Googleウェブマスターツール

連携ができることです。

 

 

Googleウェブマスターツールは、自分のブログがどういうキーワードで

検索されているか、掲載順位がどの程度かを知ることができるサービスです。

SEO対策の効果を計ったり、キーワードの見直しをすることができます。

 

 

サイトマップの登録も、Googleウェブマスターツールから行えます。

サイトマップの登録はSEO対策で重要ですので、

こちらも登録するようにしてください。

 

 

WordPressの場合は、以下の記事で紹介したプラグイン、

【Google XML Sitemaps】を使用すると簡単です。

 

WordPressで絶対に導入したいプラグイン11選

 

ただし、純粋にSEOのことを考えると、ブログ規模が大きくなると

【Google XML Sitemaps】では、発リンク数が多くなりすぎて

SEO的に不利なサイトマップを作り出してしまいます。

(Googleは、1ページの発リンク数は100以下が好ましいと公式に定義しています)

 

 

それが気になる場合は、

Better WordPress Google XML Sitemaps

などを使ってみては如何でしょうか。

 

 

個人的には、そこまでこだわるのは面倒なので、

Google XML Sitemapsを利用し続けると思います。

 

 

無料ブログでも、一部のサービスはGoogleサイトマップに対応しています。

 

FC2はこちらを参考に。(FC2公式ヘルプ)

 

アクセス解析のとりこいにはならない

 

Google AnalyticsとGoogleウェブマスターツール、

この二つはブログ運営上、重要な役割を担ってきます。

 

ブログを開設したら、取り合えず登録して損はありません。

面倒なことは早いうちにやっておきましょう。

 

 

ただし、一つだけ注意点。

 

アクセス解析の虜になってしまわないように、注意してください。

 

 

ついつい気になって、アクセス解析を何度も見返してしまったり、

色々見てしまったり。

 

 

初期のうちは、アクセス解析を見ても大して役に立ちません。

無駄に時間だけ過ぎるという罠に嵌ってしまいます。

 

 

私が、そうです。

だて、気になっちゃうんですよ・・・

無駄とはわかっていても、見てしまう。

子供の成績が気になる親の気分そのもの。

 

子供と同じで、過保護になりすぎない程度が良いんです。

アクセス解析症候群を患わないように、注意しましょう。

 

--------------------------------------------------------

当記事はいかがだったでしょうか?

もし気に入っていただけたら、
SNSで拡散をして頂けるととても嬉しいです。
よろしくお願い致します。