いつも応援ありがとうございます。 

 

面白い記事を書くということは、非常に難しいです。

 

わかりやすい記事、と面白い記事、というのは、

相反しているわけではないですが、決してイコールではないです。

 

 

私の記事は、できる限りわかりやすい記事を意識してはいますが、

果たして面白い記事になっているかどうかというと・・・

 

 

ただ大事なのは、軸が一貫していること。

何を言いたいかわかりやすい、

ということがとても大事であると思います。

 

 

記事ひとつとってもそうですし、媒体全体をとってもそうです。
例えば、ここで軸として書いていることは

 

「全くのずぶの素人が楽しみながら

ブログ・メルマガアフィリエイトで資産を築く」

 

ということです。

それに対して、一貫した態度を取ってるつもりです。

 

 

これが突然、「では今回はせどりについて・・・」とか書き始めて、

せどりの無料オファーなんかを紹介し始めたらどうでしょう?

 

興味ない人は読みませんし、

更新を楽しみにしてくれていたとしたらがっかりでしょう。

 

 

記事の内容的なことだけではありません。

テーマに対する考え方についても、趣旨貫徹していなければいけません。

 

 

一ヶ月前にブログ・メルマガアフィリエイトの主役はメルマガだ、

といっていた人が、突然やはりブログの構築を先にしなさいと

言い出したら、読み手としたら困ってしまいますよね。

 

コンテンツが大事だ、といっていた人が、

とにかくリストを集めるのが最優先、と言い出したら?

 

 

面白い記事というのは、まず読者が読んでいて安心する要素があります。

 

読者が記事を読んでいて安心する瞬間は、いつだと思いますか?

 

 

 

自分の考えが正解であるということを確認した時です。

 

 

 

読みながら頭の中で、「うんうん、そうだよね」「それはわかっている」

と思ったとき、読者は安心します。

この時、読者に沸いている感情は「共感」です。

 

 

面白い、と思わせるために必要なもの。それは「波」です。

何事も緩急をつけるというのは大事ですね。

それはブログ記事でも同じです。

 

安心している読者の心理状況は、波風が立っていない状態です。

 

 

貴方は会社の部長だったとします。部長が出勤したら、

いつものように皆が先に出勤していました。

いつものように仕事が始まり、いつものように仕事が終わります。

 

貴方は最近、社員がたるんでいると感じています。

さて、どうやって波を作りましょうか?

 

一番簡単なのは、部長である貴方が誰よりも早く出勤することです。

 

いつも通り出勤してきた社員はびっくりして緊張するでしょう。

 

 

 

波を立てるのなら「サプライズ」もしくは「問題提起」を出すこと。

 

 

 

サプライズを用意できるなら、一番良いです。

 

事実に基づいたサプライズをどん、と安心した人の目の前に

ぶち上げることができれば、もうそれは面白い記事の完成です。

 

 

 

しかし、サプライズは用意するのがなかなか難しいところ。

毎日毎日サプライズを用意するのは大変です。

 

 

そこで使えるのが問題提起。

 

安心して文章を読んでいる人は、あまり考えていません。

ある意味、ぼーっと読んでいるようなものです。

 

そこに、こちらから質問をぶつけます。

その質問が突拍子もないほど、効果が高いです。

 

急に頭を叩かれたように、読者はフル回転で答えを考え始めます。

同時に、読み進めます。

 

 

最終的にその問題提起に対して論理的に解説をができれば、

最後まで読みきってくれるでしょう。

最後まで読ませれば、もう面白い記事としては成り立っています。

 

 

つまらない記事というのは、最後まで読まれません。

いかに最後まで読ませるか。この工夫が必要になります。

 

結論がすぐ推測できてしまう記事。

これが最もつまらない記事の典型です。

 

ニュース記事とか、あんまり最後まで読まないですよね?

最悪、見出しだけで必要な内容がわかっちゃうことも多いですし。

 

 

ティーザーなど、心理的な揺さぶりをかける戦術も必要です。

 

しかしまずは、最後まで読んでいただけるように文章に緩急をつける、

読者を巻き込んでしまう。

 

そういった練習をしていくのが面白い記事を書く第一歩と思います。

 

--------------------------------------------------------

当記事はいかがだったでしょうか?

もし気に入っていただけたら、
SNSで拡散をして頂けるととても嬉しいです。
よろしくお願い致します。