いつも応援ありがとうございます。 

 

私は、中学生のころ小説家になりたかったんですね。

 

ものすごく本を読んでて(って言っても、今で言う

ライトノベルが中心だったんですが・・・笑)、

自分もやってみたい! って思ってました。

 

 

で、真似事のように書いてみたり。色々空想をしてみたり。

いわゆる黒歴史ですねー。

 

結局最後まで書ききったことは無かったんですが、ある程度

出来上がったものを自分で読み返して推敲している時に思ったのが。

 

 

「なんか、スムーズじゃない・・・」

 

 

同じような単語とか、副詞とか、すごく繰り返し

使っちゃってたんですよ。まあ、とか。だが、とか。

 

 

その経験があって、多少はその辺りを気をつけて書けるようになり、

回りの人間には(お世辞かもしれないけれども)

読みやすい、解りやすい、って言ってもらえる程度には

文章が書けるようになったんです。

 

 

 

何が言いたいかというと。

 

 

 

文章を書くのは難しい、ってことです。

 

解りやすい文章と、読みたくなる文章は違うということ。

そして、感情が高ぶる文章もまた違う、ということ。

 

 

 

私は仕事上、毎日毎日人に説明ばかりしています。

患者さんに理解していただくことを重視しているので。

 

専門用語を使わず、小学生でも理解できるような説明をすることと、

判明していることは全て伝えること。そして、選択してもらうこと。

 

 

要は、解りやすい説明を心がけていれば、大体は大丈夫なんです。

いくら言ってもダメな人はダメなんですが。

 

 

でも、ビジネスでは違います。

 

アフィリエイトで大事なのは、人を引き込む魅力ある文章。

購入してもらうための文章を書かなければなりません。

 

 

いくら解りやすい説明でも、読んでもらえなければ意味ないですし。

 

理解してもらっても、買ってもらえなければ意味ないです。

 

 

話がまた戻りますが。

 

 

ここで問題になってくるのが、聞く対象。ここでは患者さんですね。

 

人によって、違うんです。望んでいることが。

 

 

基本的には大事なことははっきりと全て伝えてます。

でも、同じことを同じように伝えても、全然違う反応が返ってくる。

ほんと、1,2年に1度くらいは、そんなこと言われて怖くなった、

不安になったと恫喝されることもありますし。

 

伝えなかった方が問題ですから、この意見は聞き流すんですが。

 

 

言ってみれば、こちらに求めてるものが違うんですね。

 

 

ただ大丈夫、って言って欲しいだけの人。

 

全部聞きたくて聞きたくてたまらない人。

 

とりあえず今の症状を何とかしたい人。

 

 

求められているものが異なるから、時々おかしくなってしまう。

全ての人に対応した言い回しって、ないですから。

 

 

 

これは、どんなことにも言えると思います。

対象が違えば、説明の仕方が変わってくる。

 

 

どうしてそうなるか。人には感情があるから、なんですね。

 

 

アフィリエイトでは、相手の感情を文章でコントロール

しなければいけません。

 

動画とか、音声とか、画像もありますけど、

結局は文章だと思うんです。

 

 

ただ解りやすく説明をしただけでは、魅力的な文章とは言えません。

 

教科書や参考書なんか、

いくら解りやすくても読み物としては面白くないですよね?

 

 

参考書を買いたくなるのは、コピーライティングが優れているからです。

これを買ったら、東大に受かるかもしれない、

と感情を揺さぶられるから、売れるんです。

 

 

今、その辺りを更に深く勉強中です。

 

テクニック的な部分にも問題はあると思いますし、

もっと根本的な部分の問題もあると思います。

 

 

人の注意を引き、感情をコントロールするための技術。

それがコピーライティングです。

 

 

まだまだ勉強不足で、知識をひけらかすことはできませんが、

コピーライティングの知識や技術は、

アフィリエイトに限らずあらゆる場面で役に立ちそうですね。

 

 

 

コピーライティングを学ぶことは、資産となります。

 

小説を書く技術とはまた違ったものであるとは思いますが、

ビジネスをやる上では不可欠なもの。

 

 

もう少し時間をかけて、頭に叩き込んでみようと思います。

 

--------------------------------------------------------

当記事はいかがだったでしょうか?

もし気に入っていただけたら、
SNSで拡散をして頂けるととても嬉しいです。
よろしくお願い致します。