いつも応援ありがとうございます。 

 

 

アフィリエイトでは、文章力が大事です。

 

 

商品の良さを伝えるのも文章ですし、

自分のことを紹介するのも文章です。

お役立ち情報を伝えるのも、やはり文章です。

 

 

アフィリエイトをしていくと決めた以上、

文章力の向上はどうあっても避けられないもの。

 

 

では、どうすれば素晴らしい文を書けるようになるのでしょうか?

 

文章が上手くなるためにやるべきことは?

 

文章力を鍛えるには、第一にたくさん書くことです。

 

 

書かなければ、絶対に上達しません。

実践しなければ上手くならないのは、

どんなことでも同じですね。

 

 

野球だって、絵画だって、ゲームだって、

実践していかなければ上達しません。

やらなければ上手くならない。

 

 

至極当たり前の話です。

 

 

では、ただ書きまくればいいのか、と言うと、

それもまた違います。

 

 

がむしゃらに走ったって、ある程度以上には

早く走れません。無心に漫画を書き続けても、

ブラックジャックは生まれません。

囲碁を打ち続ければ、いつかはプロに勝てる

なんてこともありません。

 

 

ただやり続ければいいのではない、というのもまた、

当然のことです。

 

 

ではどうすればいいのか。

 

そもそも、文明はどうやって進歩してきたのか

 

人間の中に文明が生まれて何千年と経ちます。

その中で、多くの偉人たちが現れ、数々の偉業を

残していきました。

 

 

最近では、iPS細胞の研究が歴史的偉業となりそうですね。

iPS細胞の研究成果も、今までの偉人たちが残してくれた

多くの結果があってこそ、です。

 

 

そこには医学とは全く関係のないもの、例えば数学的証明法とか、

言語学といったものも含まれています。

 

 

証明が出来なければ誰も納得しませんから、議論が進むことは

なかったでしょうし、そもそも言語学が進まなければ、

異文化交流なんて不可能だったわけですよね。

 

 

それらは、数々の定石を積み上げていった結果、完成したんです。

 

 

ネットビジネスはここ10年~15年で始まったばかりです。

 

 

アフィリエイトがいつ始まったか、知っていますか?

 

一説によると、発祥はアメリカで、1996年7月に、

Amazon.comの創始者であるジェフ・ペゾスが、カクテルパーティで

出会った女性に「自分のサイトで離婚に関する本を売りたい」

と持ちかけられたことから、その方法論が生まれた、と言われています。

 

 

ネットビジネスは若いんです。研究は重ねられていますが、

まだまだ発展途上でしょう。今後、多くの定石が積み上げられ、

より進化をしていくと考えられます。

 

文明の進歩と自分の進歩に違いはあるか?

 

さて、本題に戻りましょう。

 

 

アフィリエイトでは、文章力が大事ですよね。

その文章力を鍛えたい。では、どうすればいいか?

 

 

もうお分かりですよね。

 

 

定石を積み上げていくべきです。

 

 

文章の書き方は、ネットの歴史より遥かに長いです。

定石は、既に積み上げられています。

 

 

コピーライティングもそうですし、証明法もそうですし、

語彙も、国語辞典を読めばいくらでも出てきます。

 

 

別に、作家のように流麗な文章を書く必要はないんです。

 

 

「てにをは」の使い方だとか、わかりやすい文章を

書くためのコツとか、何でもいいので一度学んだら、

すぐ実践する。

 

 

実践をするにはパソコンさえあれば準備なんて

要らないんですから、とにかく書く。

 

 

インプットしたら、すぐにアウトプットする。

 

 

一つの参考書から定石を一つ学んだら、すぐに行動しましょう。

そうでもしないと、どんなことでもなかなか身につきません。

 

 

一つの物事を学び終えたら、もう一度同じ参考書を読んでみる。

音声だったらもう一度聴いてみる。

 

 

すると、別の定石を発見できるはずです。またすぐ実践。

 

 

これを繰り返せば、みるみるうちに文章力がついてきます。

もう、書くのが苦手なんて悩む必要は無くなるでしょう。

 

 

教科書は、ちゃんと選んで下さいね。

自分が好きな人の勧める本や教材がオススメです。

 

 

例えば私の書く文章が好きだと言ってくれるなら、

私が勧める教材を。

 

他の人の文章が好きならその人の勧める教材を。

 

 

それが、貴方が理想としている文章力を付けるのに、

もっとも近道だと思います。

 

--------------------------------------------------------

当記事はいかがだったでしょうか?

もし気に入っていただけたら、
SNSで拡散をして頂けるととても嬉しいです。
よろしくお願い致します。